タグ:ホームページ作成 ( 3 ) タグの人気記事

WEBサイト作成します。

 ホームページ作成します、というのをやってますが、今回はそれについて。最近またふたつほど作りましたので。

 その前にですが、「ホームページ」という言葉は最近あまり使いません。
 ホームページという言葉は本来、ブラウザを起動したときにいちばん最初に出てくるページのことです。たいていyahooとかそんなのにしている人が多いと思います。
 最近はこれが周知されてきたようで、「webサイト」とかいうことが多いです。

 一時はあちこちの業者さんに対して「ホームページ作成します」というのが流行ったもんですが、最近は下火ですね。
 理由はと言いますと、①「人に頼むと高いから」②「最近はブログとかフェイスブックとかあるし、別にそれでいい」あたりじゃないかと思います。

 ネット通販でもやってるような人ならそりゃあデザインも機能も優れたものを作ってSEO対策もしっかりやって、というのが必要です。お金をかけてきれいなものを作るのもいいと思います。
 で、業者さんに頼むと注文フォームを作って、きれいなデザインにして、アクセス状況もわかるようにして、と機能がたくさんついて、当然独自ドメインにして、サーバー借りるお金も月3000円~、スマホ用ページとPC用ページを作って、スマホから見た人とPCから見た人で同じ内容の別のページが表示される、なんていう機能も追加して、作成自体にかかるお金も10万20万くらいになります。もっといくかもですが。

 ですが、顧客が個人じゃなくて法人だったりする場合、連絡先と営業内容がわかればそれでよかったりします。
 そういう人にとって、Webサイト作成業者さんってしきいが高いわけです。そんなんだったらまた今度検討しよう、になってしまいます。

 つまり「簡単なものでいいや」という人は頼む先がありません。自分で作るしかありません。自分で作れる人は。
 まあ最近はWordPressとかいうものもできまして、簡単に作れるようになりました。が、これはブログ形式のものですので、好き嫌いはあると思います。


 そこで、ウチの方針ですが、あんまり難しいのは作りません。

 仕様としてはこんなふうです。
  ↓
 PC、スマホ兼用ページ
  (PC用、スマホ用に別ページを用意したりしません)
 基本的に縦にずっと長い1ページモノ
  (スマホだとこのほう見やすいため。実は作るのもフォルダ構成が簡単)
 サーバーは無料レンタルサーバーを利用
  (広告が出るのが気になる人のために、優良コースに切り替えもできるサーバーを選択)
 内容は通常のテキスト、画像のほかに、Google地図の埋め込み、電話へのリンク


 オプションで追加するものとしては
  ↓
 フォームへのリンク追加

 くらいです。


以下、参考

[PR]
by nonnbiri001 | 2017-09-19 14:34 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

スマホ対応のサイトの作り方

 こちらはパソコン教室なので、ホームページ作ります、という仕事もやってます。
 そりゃあこちらもパソコン教室なのでホームページくらい作れるんですが、一般の人に見てもらうきれいなのはちゃんとした業者さんにお願いしたほうがいいです。ネット通販やってるとか、日替わりでメニュー変えてるような場合とか(いまどき少ないとは思いますが)

 ウチでは会社案内とかそういうBtoBのものをかなりお安く作ってます。

 BtoBとは、会社対会社とか、商売上の関係です。会社対一般、会社対顧客、というのはBtoCといいます。

 で、BtoCだとスマホ対応のものがいいんじゃないかと思います。スマホで検索する人が増えましたから。BtoBなら会社のパソコンから検索する方が多いでしょうから、これまで通りパソコン対応のものだけで十分だと思います。

 さてそこで、スマホ対応のホームページの作り方です。
 要点のみです。

 やることはみっつあります。
1 画面サイズに応じてページの横幅が変わるようにする。(リキッドスタイル)
2 画面サイズに応じて画像のサイズが変わるようにする。
3 ページ幅の上限を指定する。

繰り返しますが要点のみです。

ではその方法です。

1 リキッドスタイルにするには

ヘッダにこれを追加する
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0, minimum-scale=1.0, maximum-scale=10.0, user-scalable=yes">


2 画像の自動拡大

本文の画像をこんなふうにします。
<p class="resizeimage""><img src="なんとかかんとか.jpg">



これはCSSでも指定すること


3 ページ幅の上限を指定
これはcssだけで指定


4 CSSはこんなふうに

「@charset "UTF-8";
 html{max-width:920px;}
 p.resizeimage img {width: 100%;} 」

※ブログに書く関係で一部を全角で書いてます。なのでまるまるコピペできません。あしからず。

1行目は文字コードを指定する、という内容です。省略してもいいです。たぶん。
2行目はページ幅の上限の指定です。
3行目は画像の自動縮小です。
画像のサイズの自動縮小については、cssで「ここのところは自動縮小で」と指定するほか、本文の画像のところに「ここんところはCSSの指定に従うように」と、2番のように指定すること。
この例では画像も<p>で囲って文字扱いにしてますんで

の内部に「ここんところはCSSの指定に従うように」と書き足してるわけです。
別に<p>で囲まなくてもいいんじゃないかとは思ったんですが、やってみるのも面倒で試してません。


 以上、適当ですがこれでちゃんとできてますのでいいんじゃないかと思います。

 なお、他にも気をつけることはあります。
 google地図を貼りつけするときはスマホ標準の横幅にするとか、ボタン類を大きくしないで画面サイズに合わせてきれいに流れるようにするとか。
 各自いろいろやってみてください。



7/26追記
いつのまにか投稿時にタグの設定ができなくなりました。原因は、ブログの設定でサイドメニューにタグを表示させないようにすると、投稿時にもタグが表示されなくなるようです。
そんなわけでこの記事にもタグを追加することができるようになりました。

[PR]
by nonnbiri001 | 2016-07-05 15:44 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

小さなホームページのすすめ

 会社、事務所を経営している皆様へ

 ホームページはお持ちですか?
 「うちは個人のお客さんが対象の商売じゃないから必要ないと思う」
 「そこから売上が上がるものでもないし」
 という人も多いと思います。

 たしかにホームページを作っても、それでただちに売り上げが上がるわけではありません。
 それではホームページは必要ないのかというと、そんなことはありません。必要です。
 「電話帳に電話番号を載せる」ことと同じです。
 電話帳に電話番号を載せても、それですぐに注文が来るわけではありません。それでもみんな電話帳に電話番号を載せます。あとで調べたいと思ったとき、見ようと思ったときに見てもらえるからです。
 今やそういう時代、というわけですね。
 ホームページもそれと同じで、社長や営業の人が渡した名刺に書かれたURL(ホームページアドレス)や、思いついた業種名と地域から検索することもあります。

 つまりホームページというものは、あまり見てもらえるわけではないけれど、お客さんが見ようと思ったとき、自分が聞かれたときに無いと困るものです。
 ですから、あまりお金をかけてきれいなものを作る必要もないわけです。

 ではどんなものがいいのでしょうか?

 ふたつに分類します。

 1 (BtoC)個人のお客様が対象の商売
 2 (BtoB)会社、個人事業主が対象の商売

 1 一般のお客様が相手の商売なら、とにかくいいものを作るべきです。特に商品の注文をインターネットで受けて全国に発送するような商売なら、それこそお金をかけて受注システムも追加した高機能のきれいなものを作るべきですし、大手のネットショッピングモールに出店するのもいいと思います。
 また、もちろん作っておしまい、ではなく、日々新しく内容を書き換えていく必要があります。サービス期間、季節のメニューなどです。ですからそうやって管理していく手間も発生します。
 個人のお客様の場合、パソコンではなくスマートホンから見ていることのほうが多い場合もあります。パソコン用、スマートホン用の二つのページを作るか、どちらからでも見られるようにしておく必要があります。
 これはもう、専門の業者さんにお願いして十~数十万くらいお金をかけたものを作ってもらいましょう。ただし、それで売上が上がるんだ、とは思わないほうがよろしいです。検索で上位に表示されるようなSEO対策や、商品自体の魅力や話題性も必要です。ネットショップにはそのためのノウハウがありますので、くれぐれも「ホームページを作れば売れる」とは思わないでください。そんなに簡単なものなら誰も苦労しません。

 2 会社対会社の場合、個人が相手でも仕事を頼むものとして探してもらうような場合は、あまりお金をかけすぎないようにしたほうがいいです。「どんなところなのかすぐわかる」ようなものに限定すべきです。業種によっては、スマートホン対応のページにしておく必要もない場合もあります。
 内容としては、会社名、代表者名、業務内容、連絡先、地図くらいです。
 「最新情報」などは別途ブログを作ってそっちに書いていけばいいですし、そもそも時々直す必要のないもののほうがいいです。
 複数のページを作らず、1枚モノの縦に長いページが最近の流行です。これはスマートホンから見ることを想定したものです。
 連絡先としてメールアドレスを載せるのも実はやめたほうがいいです。迷惑メールが来るだけですから。そこで「フォーム」というサービスを使うことをお勧めします。あんまりかっこよくないですが画像で載せるとか一部を*にするとか。




 ということを考えたのですが、これをチラシにして配布するにもあてがありません。行政書士の営業に使えるわけでもありません。使い道のない文章なんですが、読んだ人の役に立てればそれでいいことにします。

 ですが、もしよろしければ、小さなホームページ、6,000円からお作りします。
 直接やり取りする必要もありませんので、遠方の方もどうぞ。
 教室のページからお問い合わせください。トップページに見本があります。

 簡単なものでいいんなら自分で作る、というのもおおいに結構です。がんばってください。
 ですがスマホ対応のページだと、いくらか細工しないといけません。テンプレートだけ欲しい方にはそれだけ作ってお送りします。

[PR]
by nonnbiri001 | 2016-06-22 13:29 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)