小さなホームページのすすめ

 会社、事務所を経営している皆様へ

 ホームページはお持ちですか?
 「うちは個人のお客さんが対象の商売じゃないから必要ないと思う」
 「そこから売上が上がるものでもないし」
 という人も多いと思います。

 たしかにホームページを作っても、それでただちに売り上げが上がるわけではありません。
 それではホームページは必要ないのかというと、そんなことはありません。必要です。
 「電話帳に電話番号を載せる」ことと同じです。
 電話帳に電話番号を載せても、それですぐに注文が来るわけではありません。それでもみんな電話帳に電話番号を載せます。あとで調べたいと思ったとき、見ようと思ったときに見てもらえるからです。
 今やそういう時代、というわけですね。
 ホームページもそれと同じで、社長や営業の人が渡した名刺に書かれたURL(ホームページアドレス)や、思いついた業種名と地域から検索することもあります。

 つまりホームページというものは、あまり見てもらえるわけではないけれど、お客さんが見ようと思ったとき、自分が聞かれたときに無いと困るものです。
 ですから、あまりお金をかけてきれいなものを作る必要もないわけです。

 ではどんなものがいいのでしょうか?

 ふたつに分類します。

 1 (BtoC)個人のお客様が対象の商売
 2 (BtoB)会社、個人事業主が対象の商売

 1 一般のお客様が相手の商売なら、とにかくいいものを作るべきです。特に商品の注文をインターネットで受けて全国に発送するような商売なら、それこそお金をかけて受注システムも追加した高機能のきれいなものを作るべきですし、大手のネットショッピングモールに出店するのもいいと思います。
 また、もちろん作っておしまい、ではなく、日々新しく内容を書き換えていく必要があります。サービス期間、季節のメニューなどです。ですからそうやって管理していく手間も発生します。
 個人のお客様の場合、パソコンではなくスマートホンから見ていることのほうが多い場合もあります。パソコン用、スマートホン用の二つのページを作るか、どちらからでも見られるようにしておく必要があります。
 これはもう、専門の業者さんにお願いして十~数十万くらいお金をかけたものを作ってもらいましょう。ただし、それで売上が上がるんだ、とは思わないほうがよろしいです。検索で上位に表示されるようなSEO対策や、商品自体の魅力や話題性も必要です。ネットショップにはそのためのノウハウがありますので、くれぐれも「ホームページを作れば売れる」とは思わないでください。そんなに簡単なものなら誰も苦労しません。

 2 会社対会社の場合、個人が相手でも仕事を頼むものとして探してもらうような場合は、あまりお金をかけすぎないようにしたほうがいいです。「どんなところなのかすぐわかる」ようなものに限定すべきです。業種によっては、スマートホン対応のページにしておく必要もない場合もあります。
 内容としては、会社名、代表者名、業務内容、連絡先、地図くらいです。
 「最新情報」などは別途ブログを作ってそっちに書いていけばいいですし、そもそも時々直す必要のないもののほうがいいです。
 複数のページを作らず、1枚モノの縦に長いページが最近の流行です。これはスマートホンから見ることを想定したものです。
 連絡先としてメールアドレスを載せるのも実はやめたほうがいいです。迷惑メールが来るだけですから。そこで「フォーム」というサービスを使うことをお勧めします。あんまりかっこよくないですが画像で載せるとか一部を*にするとか。




 ということを考えたのですが、これをチラシにして配布するにもあてがありません。行政書士の営業に使えるわけでもありません。使い道のない文章なんですが、読んだ人の役に立てればそれでいいことにします。

 ですが、もしよろしければ、小さなホームページ、6,000円からお作りします。
 直接やり取りする必要もありませんので、遠方の方もどうぞ。
 教室のページからお問い合わせください。トップページに見本があります。

 簡単なものでいいんなら自分で作る、というのもおおいに結構です。がんばってください。
 ですがスマホ対応のページだと、いくらか細工しないといけません。テンプレートだけ欲しい方にはそれだけ作ってお送りします。

[PR]
by nonnbiri001 | 2016-06-22 13:29 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hajimeyou.exblog.jp/tb/24475958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Excelの日付入力 パソコン教室のおたより 201... >>