カテゴリ:管理人日記( 223 )

ブロードバンドサポート

ブロ-ドバンドサポート、という会社から今しがた電話がありました。
こんなふうでした。

ブ「NTTフレッツから他の会社に契約を変えられましたか?」
私「はい。」
ブ「どちらの業者様でしょうか」
私「すいません、御社のお名前をもう一度お願いいたします」
ブ「ブロードバンドサポートです」
私(ここでさっそく社名で検索する)


私「光コラボはもう乗換済みです。CNA、秋田ケーブルテレビ、という業者さんです。ていうか私はそおの代理店もやってます」
ブ「ははあそうですか、それでしたら問題ないですね失礼します」
私「CNAさんと契約していますと先ほどお答えしましたが、それだとなぜ問題ないことになるんでしょうか?ていうか御社の業務内容はどのようなものなのでしょうか?」
ブ「NTTから別の業者に乗り換えた方を対象に、NTTの契約に戻すサービスです」
私「申し訳ありませんがよくわかりません。なぜそんなことをするんでしょうか?そういうお客さんの希望があるんでしょうか?」
ブ「契約を変更していながら、どこの業者さんと契約しているのかわかっていない方もおられますので、現在契約中の業者さんをしっかりご存知の方であれば問題ありませんので」
私「だからといって光コラボに乗り換えた方を対象にNTTの契約に戻す必要はないと思うのですが。もしも他の光コラボに乗り換えることを前提にNTTの契約に戻そうというのであればそれは問題ではないでしょうか?」
ブ「いえそういうことは」


ええとこのへんで気が済んだので解放してあげました。


ブロードバンドサポート、という会社です。

って前にも業者名出して記事の削除依頼が来たことがありましたっけ。あの時はJEMTCさんでしたねえ。あのときの記事は削除せず非公開にしてあります。いつでも復活させられます。


[PR]
by nonnbiri001 | 2018-09-12 13:58 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

インターネットにつながらない!

 インターネットにつながらない! というトラブルが時々あります。
 対処の仕方はテキトーに検索すれば出てくるので各自検索してください。
 ですが、めったにない原因もあって、それを書いておきます。
 というのは、こういう原因でつながらなくなったということが年に一回くらいあるもので。こないだもありました。もしかして最近多いのかなと思ったもので。

 もったいつけないで書いてしまうと、「プロバイダが変わったから」です。

 ウチも代理店やってますが、ここ数年光コラボが流行ってます。こういうやつですね。こういうやつとか。
 先日のご相談は「インターネットにつながらなくなった。何もさわってません。調べてもわかりません。誰に聞いてもわかりません。」というものでした。
 まあルーターを再起動してみてください(これが基本です。たいていこれで直ります)とお伝えしたのですが、どうも無理っぽいので見に行きました。
 確かに何をしても直りませんでした。
 ですが、ちらっと机の片隅になにやら茶封筒があるのが目に入りました。
 「あ」と思い、「光コラボの契約しませんでしたか」と聞いてみたところ、やっぱりそのせいでした。その書類に書いてあったIDとパスワードでなにごともなかったようにつながりました。

 ここまでの説明ではわかる人しかわかりませんのでもう少し詳しく説明しましょう。
 インターネットの契約上の仕組みです。
 光回線の場合です。(前にも似たようなことを書いてましたのであの記事とかこの記事

 インターネットを利用するには、NTTとプロバイダ(ASPともいいます)のふたつの契約をします。

 NTTに電話回線使用料を、プロバイダにインターネット利用料等を支払います。
 NTTはNTT東日本とかNTT西日本とかです。
 プロバイダというのはたくさんありますが、NTT系列のぷららとかOCNとかが有名です。あとは昔ながらの地域プロバイダもまだあります。
 ※参考
 光回線やADSLが普及する前は電話線でインターネットを利用していて、一分いくらで料金がかかったものです。だったら近いところに電話かけたほうが安くあがるわけで、90年代末とかに地域プロバイダがいっぱいできました。
 プロバイダに支払うのは、インターネットの利用料が基本ですが、オプションとして、電子メールアドレスの利用、ホームページの置き場所、ウイルス対策などがあります。

 インターネットを利用するには、このプロバイダが接続の窓口になります。そこで、インターネットを利用するときは、プロバイダに受け付けてもらうためにプロバイダからもらったIDとパスワードが必要になります。
 通常インターネットを利用する際に意識することはないのですが、それはなぜかというと、NTTからレンタルしているルーターという機械がこのIDとパスワードを記憶しているからです。


 さて、光コラボに切り替えると、このIDとパスワードが変わります。
 普通は料金は月額ですので、利用期間が重複するように設定します。
例えば5/20申込で、6月は旧プロバイダと新プロバイダと両方使えるようにしておいて、6/30で旧プロバイダは使えなくなり、7/1からは新プロバイダのみ使えるというわけです。そして6月中にルーターの設定を変えるように、というわけです。

 今回つながらなくなったのはまさに7/1。新プロバイダの設定をしてなかったわけですね。

 目の前に新プロバイダからの書類があったので助かりました。

 画像もなしに長くなりましたがもう少し。
 新プロバイダから来た書類に、新しいIDとパスワードが書かれていて、その設定の方法も書かれていたはずですが、おそらくアレですその、たぶんですけど、見もしなかったんじゃないかと思います。
 そこで設定方法。
 まず、ブラウザを出します。ブラウザというのはインターネットエクスプローラー(通称IE)とかgoogleChrome(グーグルクローム)とかFireFoxとかそういうのです。
 つぎにアドレス欄に「192.168.1.1」とうちこんでenterを押します。ここまで読んで「わかるかそんなの」という人もいるでしょうが、そういう人はたぶんこういうのは見てないと思います。わかる人はわからない人に教えてあげてください。そういう人向けに書いてます。ていうかこの「192.168.1.1」も茶封筒に入ってきた説明書見れば書いているんですが。
 そうすると画面にルーターの設定画面が現れます。ルーターという機械はランプが光るばっかりでスイッチ的なものがなにひとつないのですが、こうやって画面上でそうさするものです。
 でもすぐにはいじれません。ルーターを設定するためのユーザーIDとパスワードが必要です。何も設定してないのなら、ユーザーIDは「user」でパスワードは「0000」のはずです。最近は違うみたいで初回起動時にパスワードをとりあえず新しくするように指示が出ます。この間はそうでした。

e0121147_15481792.jpg
 はいここでやっと画像での説明になります。
 メインセッション、またはこの画像で「CNA」と書かれた接続先名をクリックしてください。

 そして、
e0121147_15520268.jpg

接続先名、接続先ユーザ名、接続パスワードを一字一句間違えずに入力してください。接続先名は任意です。自分でわかりやすい名前にしてください。「あたらしいやつ」とか「2018年7月23日以降」とかでもいいです。なお、「/」や「-」はやめたほうがいいです。

 最後に、「設定」ボタンをクリックして終わりです。
e0121147_16153436.jpg

 たまにしか書かないのに書き始めると長くなってしまうものですねえ。

 今回はこれまで。

[PR]
by nonnbiri001 | 2018-07-23 16:16 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

オークションのトラブル

 ネットオークションは注意して利用しましょう!

 というのは、こんなことがあったからです。

 1 ヤフーのオークションに出品しました
 ↓
 2 売れませんでした
 ↓
 3 買いたいという電話がかかってきました
  (この段階ですでに問題があるのですが)
 ↓
 4 開始価格よりも安い値段を提示してきました
  それはまあいいです。そういうものでしょうから。
  オークションでは開始価格100万だったのを60万で買いたいそうです。
  そこで価格交渉が始まって、じゃあ90万でどうだ、いや60万で、それでは間をとって70万だ、とかなんとかの交渉の末、70万になりました。
 ↓
 5 ところが振り込まれたのは当初の向こうの言い値である60万円
 ↓
 6 運送会社が取りに来ました。そしてあれよあれよという間に持って行ってしまいました。高額商品でもあり、大きくて重い商品、まあはっきり言ってしまえば業務用の機械です。簡単に運べません。
 ↓
 7 とりあえず、先方へ抗議のFAXを送るので文案つくって、売ってしまった人(もっていかれてしまった人)へ、この文章でどうにかしてくれとFAXを送りました。
↑いまここ

 では具体的な注意点です。

 個人情報を明かさない 
 だいたい「売れなかったようですね、こちらで買い取りますよ」という電話がかかってくる時点で怪しむべきですが、そういう電話がかかってくるというのは、こっちが住所だの電話番号だのを公開していたせいもあるのです。個人でなく業務で販売している人がヤフーオークションを利用して販売しているケースも多くみられ、そういう場合はしかたないですが、オークションというのは匿名でやり取りできるものであってそのためにヤフーという仲介業者に手数料払うわけです。
 交渉はメールやFAXなど、交渉の過程が残る方法で行う
 気を付けてほしいのは、これが電話でのやり取りのみであるため、交渉過程が他の人にわからないことです。「あのときそう言ったじゃないか」、って言われたら泥沼です
 支払はヤフーかんたん決済などオークションの業者に間に入ってもらう。
 もう、そのために仲介手数料払うんですから。


 なお、これは実際に起こって現在も進行中の事案ですので、あちこちぼかして書いてます。金額は本当はもっと大きいです。その業者の名前をここに書いたら大変なことになりますので書きませんが、外国の業者の日本出張所です。

 みなさんほんとにお気を付け下さい。

[PR]
by nonnbiri001 | 2018-07-08 18:29 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

エクセルで印刷する方法

 今さらかもしれませんが、エクセルで印刷する方法です。

 こんなことはあちこちに書いてあることとはいえ、いろんなやり方があって結局よくわからないということも多いようですので、こんな場合はこういうやり方がいいですよ、という例です。

 ※1 下記のような「手当たり次第に追加して作っていった値段表」を印刷して透明ケースに入れて使いたい、という場合を想定しています。
 ※2 使用ソフトはエクセル2010ですが、2010以降ならほぼ同じです。

↓こんな表を印刷したい場合のお話です↓
図1
e0121147_15394242.jpg
大まかな手順は、
1 紙サイズと紙のタテヨコを決める
2 余白の設定(たいてい広すぎるので狭くします)
3 拡大したり縮小したり(この例では縮小します)
4 ヘッダーとフッターの設定  です。
(ここまで書いてああ長くなりそうだなあとか思ったり)

1紙サイズと紙のタテヨコ
 「ページレイアウト」タブに切り替えると、紙のサイズ(サイズ)と紙のタテヨコ(印刷の向き)が変えられます。ここではA3ヨコにします。
図2
e0121147_15453788.jpg
紙のサイズと紙のタテヨコは別な方法でも変えられますが、最短距離で作業を進めますので他の方法は省略します

2 余白の設定
 余白は「印刷プレビュー」を使いましょう。
 ファイル、印刷、とクリックすると印刷プレビューになります。
 ①、②とクリックしていってください。③をクリックすると余白を表す線が見えてきます。小さくてやりにくかったら④をクリックすると拡大表示になります。
図3
e0121147_15485460.jpg
 たいていは広すぎるものですので、ドラッグして適当に小さくします。
 ③をクリックすると上下左右に出てくる線が余白なので、この線をマウスで適当にドラッグして余白を細くします。下の例では右余白を細くしています。適当にやるのが嫌な人は数値できちんと指定もできますが、あとでまた書きます。
図4
e0121147_15523554.jpg
 上下の余白が二重線になってますが、上にあるのがヘッダー、下にあるのがフッターというもので、日付とかページ数とかファイル名とか入れられます。これもあとで説明します。

3 拡大したり縮小したり
 ここでいったん通常画面に戻ります。「ホーム」をクリックして通常画面に戻ったら、右下の改ページプレビューをクリックして改ページプレビューを表示させましょう。
図5
e0121147_16014472.jpg
 青い線が印刷される範囲で、青い点線がページの切れ目です。上の例では下と右にページがはみ出して3枚に印刷されるようになっています。余白を直していないともっとはみ出してたわけですね。
 この青い線をドラッグして無理やり1ページに収まるようにします。つまり自動縮小するわけです。
図6
e0121147_16105255.jpg
 この例では右はじを表す縦の青い点線(ややこしいですね)を右へドラッグしますが、下の方にあるいちばん下を表す横の点線(ややこしいですね)は操作しません。タテヨコ同じ倍率で修正されるので、タテかヨコのどちらか大きく修正しないといけない方だけを修正します。
 ところで、「あとから余白を小さくしたら十分入ったからもとの倍率に戻したい」ということもあるかと思います。
そんなときはこんなふうにします。
図7
e0121147_16381006.jpg

 ページレイアウトタブに切り替えると、現在の拡大率が表示されるのでまた100%に戻せます。おすすめなのは、「120%くらいにしてわざとはみださせてからまた改ページプレビューで自動縮小」という方法です。

 なお、改ページプレビューで作業を終えたら、標準の表示に戻しておくことをおすすめします。
図8
e0121147_16432644.jpg

4 ヘッダーとフッターの設定
 これはページレイアウト表示にきりかえるとやりやすいです。
図9
e0121147_16450270.jpg
ヘッダーは上のほうの右、左、中央とみっつ設定できます。
今回は右の方にファイル名とシート名を表示させます。
図10
e0121147_16504736.jpg
①をクリックすると、リボンがヘッダーとフッターをデザインするツールに変わります。②、③をクリックしてファイル名とシート名をいれます。
図11
e0121147_16535837.jpg
ファイル名、シート名は黒く表示されていますが、これは文字を選択して、ホームに切り替えて、文字サイズを大きく、しているためです。ファイル名もシート名も表示されてはいませんが、自動で表示されるものはこんなふうになるものです。
(ファイル名が最初のほうの説明と変わってきてますが本筋とは関係ありませんので気にしないでください)

 さて、できあがりです。
図12
e0121147_17444159.jpg

 エクセルの印刷の方法は、03の頃は印刷プレビューからの「ページ設定」ですべて行ってました。今でも同じ方法でできます。ですがなんだか手当たり次第に便利機能を追加していったために、いろんな方法でできるけど結局どれがいいのよ的なことになってしまってます。今説明したことも、まったく違う方法で同じことができます。

 あとで何か続きを書くかもです。


















[PR]
by nonnbiri001 | 2018-06-20 17:55 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

ADSL乗り換えキャンペーン  続き

 ADSL乗り換えキャンペーンのお申し込みは6/30までです。
 別に期間が延びたわけではなく、私が間違えていただけです。

 こんな内容です。って日付以外前回の記事と同じですが。
・6/30までのお申し込みで、
・フレッツADSLまたはフレッツISDNを現在ご利用中の方は、

 工事費無料、登録手数料無料、のサービスです。

 工事費って普通は18,000円かかりますからかなりお得です。
 なお、一部のオプションで有料部分も少しはありますので、お申し込みの際にご説明いたします。

※お申し込みが6/30まで、と言いますのは、工事日は7月になっても構いませんという意味です。実際混み合っているようです。

[PR]
by nonnbiri001 | 2018-05-26 18:33 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

ADSL乗り換えキャンペーン サインイン とかの用語

 3月も半ばを過ぎましてすっかり春らしくなりました。
 ここもしばらく書いてませんでしたが、忙しかったのもあり寒かったのもありですが。

 本日はお題をふたつ

 その1 サインインとかの用語

 ログインとかサインインとか、サービスを利用するときに誰が利用しようというのかキカイの側とかサービス提供者側が識別する必要があるときに、ユーザー名とかパスワードとかを要求する仕組みのことです。
 でもこれいくつか種類があってわかりにくくないですか?

 対照表を作ってみましょう。

←が[ユーザーの身元の確認(ユーザー認証)済み]で、
→が[ユーザー認証していない、または利用の終了処理後]です。

1 サインイン←→サインアウト
2 ログイン←→ログアウト
3 ログオン←→ログオフ

 って3種類もあるんですよ。わかりませんよ初心者には。統一してほしいですよね。

 パソコン歴が私程度の人にはログイン、ログアウトがいちばんなじみ深いですね。
 いちおう世界標準ていうか、世界で一番広く使われてるのはサインイン、サインアウト、ですね。アマゾンから何か買うときにお客様情報を入力して、と求められるのはサインインです。
 パソコンを使う段階で求められるのはログオンです。ウインドウズXPが出たときに、複数ユーザーがパソコンを使うことを想定してログオン、ログオフの仕組みが用意されましたので。その前からあったような気もしますが。


その2 ADSL乗り換えキャンペーン

 私が代理店をやっていますCNAさんで、またキャンペーンを始めました。
 実はNTTさんがADSLの提供を終了してしまうのです。終了日は平成35年1月31日です。ADSLの新規申し込みはもうすでに終了しています。(平成はもう終わるので平成35年という年は来ないわけですがそういうの気になる方はええと2013年ですね2013年だと思ってください)
 そこでこのタイミングでNTTさん側からも光コラボ事業者になにか連絡があったのかもしれませんが、「ADSLから光回線に乗り換える方」限定でキャンペーンをやろうということになったようです。

 こんな内容です。
・5/31までに
・フレッツADSLまたはフレッツISDNを現在ご利用中の方
 で、工事費無料、登録手数料無料、のサービスです。工事費って普通は18,000円かかりますからかなりお得です。
 なお、一部のオプションで有料部分も少しはありますので、お申し込みの際にご説明いたします。

 CNAさんのサイトはこちらですが、このキャンペーン書いてないですね。われわれ代理店にこっそり知らせてるだけなんでしょうか。

本日はここまで。

お読みいただきありがとうございます。このブログを読んでくれた方にはあした何かいいことがあります。

[PR]
by nonnbiri001 | 2018-03-20 15:02 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

tplinkAC1200 のこと

 みなさまあけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、こんなものを買ったのでお知らせします。
 私が何を買おうがみなさまどうでもよろしいでしょうが、買ったときに少々不具合がありまして、解決しましたのでお知らせしておけば誰か見るかなと思いまして。
e0121147_14012938.jpg
 これはTp-Linkというメーカーのwifiルーターです。AC1200という機種です。
 いちおう自宅にネット回線を引いてはいるものの、LANケーブルでメインのパソコンにつないでいるだけで、ノートPCやスマホはつながっていない状態だったのです。屋内にwifiで電波飛ばさないといけませんからね。

 今まではルーター(普段誰かに説明するときは「インターネットの親機」って言ってますが)にLANケーブルを一本挿していただけで、これを使って電波飛ばせば他のパソコンやスマホもネットにつながるわけです。

1 まず、ついてきた短いLANケーブルでルーターのLANポートとwifiルーターのLANポートをつなぎます。
2 そしてwifiルーターの電源を入れます。
3 ノートPCのWifiをONにして、ひろった電波についてwifiルーターの裏に書いてあったパスワードを入れます。5Gと2.5Gの二種類の電波が飛んでますのでふたつ設定します。
4 スマホでも同様に、ふたつの電波をひろってふたつパスワードを設定します。

以上

・・・・のはずだったのですが、問題が発生しました。

 ノートPCでは普通にネットが使えるものの、スマホでは使えません。ちゃんと電波をふたつとも拾っているのに、です。

仮説その1
 ノートPCでは使えているんだから、これはwifiルーターのせいではなくスマホ側の設定の問題であろう、と思いました。ひろってる電波のプロパティをいろいろいじってみましたが、どうにもあやしいところはなし。

仮説その2
 やっぱこれはじめに何か設定しなきゃなんないのがあったんじゃないか、と思いました。wifiルーターもルーターなんだから普通のルーターとしても使えるわけで、電波を飛ばすアクセスポイントとしてのみ使うんならそれなりの設定があったんじゃないかと。ブラウザのアドレスバーに192.168.1.1って入れてルーターの設定するのと同じような何かがあるんじゃないかと。
 そう思ってTp-linkのサイトを見てみました。

 ほらあった。



 やっぱりアクセスポイントの機能のみを使う場合の設定がありました。
 まず①DHCPサーバー機能をオフにすること②あらたに192.168.1.***というプライベートIPを指定すること、のふたつが必要なようです。

 結果、無事につながりました。

 と、簡単に書きましたが、ここまで三日くらいかかってます。

 用事があったんでほったらかして出かけて帰ってきたら何事もなくスマホがつながって、ノートPCも同時に使えるか電源入れて確認してみればいいものを寝てしまったり、上記のリンクに書かれていた通りにケーブルつなぎ直してみてもノートPCから管理画面にログインできず、あきらめて放り出してスマホをいじってたらそっちではログインできたり、そこで設定やり始めたはいいものの画面が小さいために「保存」ボタンが隠れていてそれに気づかずあれえ何も変わんないぞとか思ってまた寝たり、その間に何度も再起動したりボールペンの先でリセットボタン押したり。よおしこれで全部できたぞこれをブログに書こうと思ってLANケーブル接続のデスクトップPCでブラウザ広げたらまたつながんなかったり。なんとかを自動修復したらなんとかなりましたが。

e0121147_14560449.jpg

 現在、ノートPCもスマホもちゃんとつながりました。管理画面にもこれこの通りちゃんとログインできます。でないとパスワード変えたりとかの基本的な設定すらできないですからねえ。192.168.1.1というのがもともとのルーターで、192.168.1.***(いちおうふせておく)というのがwifiルーターのIPアドレスですウチとこの場合。
 たかがwifiルーター、という思い込みがあったのも事実ですが、詳しい説明書がついてきませんでした。販売店で「アクセスポイントとして使うんならWANポートじゃなくてLANポートにつないでください」という説明があったのみでした。いや実際電波ひろうだけなら簡単なんですよ。最初にやったことだけでよかったんです。
 そんな難しいものじゃないからこそ詳しい説明書がなかったんでしょうけど、こちらもそういうもんだろうと思ってしまいましたし。いちおうネット環境があったので調べることもできたんですが。もうちょいどうにかなんないもんですかねえ。

 本年もよろしくお願いいたします。

[PR]
by nonnbiri001 | 2018-01-09 14:41 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

もう年末です

あっという間に年末です。今年もあと三日です。
三日前からひと冬に1回か2回くらいの猛吹雪で年末というより1月半ばみたいな天気でしたが。
そんななか年賀状を今からがんばってうんぬんとかの話があってあちこち行ってました。

来年もいい年でありますように。
みなさま今年もありがとうございました。

年末年始ですが、おおみそかと元日くらいはお休みにしようと思います。

[PR]
by nonnbiri001 | 2017-12-28 21:15 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

年賀状!

 今年も年賀状の季節がやってきました。
 そこらのコンビニや本屋でもう安いの売り始めてますが、あれはその年限定のものです。でも住所録管理の機能についてはずっと使えますので、戌年デザインしか入ってないもの、と思ってください。
 私は自分用にそういうの使ってますが。

 いずれこれからちょっと込み合うと思いますのでお知らせしておきます。

[PR]
by nonnbiri001 | 2017-11-14 12:09 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)

A3を使えないパソコンでA3の文書を作る方法

 今回はA3を使えないパソコンでA3の文書を作る方法、です。
 このへんわかってる人は「そういう説明はないんじゃないか、もっとちゃんとした用語を使え」と思うかもですが。

 その1
 「既定のプリンター」というものがあります。
 これは「複数のプリンターがインストールされているパソコンで、特にプリンターを指定しない場合はこのプリンターを使うから」という意味です。
 ひとつしかプリンターをインストールしていないパソコンの場合、そのひとつだけが既定のプリンターになっています。

 その2
 既定のプリンターがA3で印刷できない場合、というのが非常に多くあります。普通に家庭用として売られているプリンターのほとんどはA3やB4の用紙を使えません。
 そういう場合、ワードやエクセルではA3にパージ設定することができません。

 困りましたね。

 その3
 まったくなんにもプリンターをつないでいないパソコンだと、実はA3でページ設定できたりします。
 これはなぜかと言いますと、仮想のプリンターがもともと入っていて、それが既定のプリンターで、A3でページ設定することが可能だからです。
 たとえば、私が今これを書いてるパソコンにはこんなキカイがつながっています。
e0121147_18104323.jpg
 デバイス、となってるのが、ささってるUSBメモリとかハードディスクとかモニターとかです。その下にプリンターがいくつか見えています。
 で、プリンターとFAX、とあるのがインストールされているプリンターとその他です。左のふたつがプリンターそのもので、FAXがFAX、右のひとつが仮想プリンターです。
緑のチェックマークがついているのが既定のプリンターです。もうひとつのは今は使っていない、手元にもないプリンターです。FAX、というのは、作った文書なりなんなりを紙に印刷する代わりにFAXでどこかへ送る、という意味です。そういうことができるプリンター兼FAXとかそういうキカイがつながってないと利用できません。
 いちばん右のがもともとパソコンに入っている仮想プリンターです。紙に印刷する代わりにXPS文書として発行する、というものです。
 なんだかよくわかりませんが・・・
 普通のプリンターにデータを送ると紙に印刷されます。仮想プリンターにデータを送ると、別の何かに形を変えてどこかに保存する、というわけです。
 データをどこかに送る、出力するという意味ではおんなじものとということにされているようです。

 その4
 やっと結論です。このへんでやっとちゃんとした用語で説明を始めます。
 既定のプリンターがA3での印刷ができないものになっている場合、A3に設定して文書を作ること自体できないので、プリンターを仮想のXPSのものにきりかえておけばよろしい、というのが答えです。なにも既定のプリンターを別のものにしておく必要はありません。いったん文書を作り始めてから、印刷することにして、プリンターを切り替えておいてA3で作って、あとは普通に保存しておけばずっとA3のままで続きができます。
e0121147_18274859.jpg


関連記事  

仮想プリンター (っていうんだっけかアレ)


本日はこれまで。

[PR]
by nonnbiri001 | 2017-10-30 18:28 | 管理人日記 | Trackback | Comments(0)